地震・津波を知る

地震のしくみ


地球の表面は「プレート」と呼ばれる厚さ数10〜200km程度の硬い岩盤があります。この「プレート」は1枚ではなく、10数枚のブロックに分かれて地球全体を覆っています。日本列島は図のように「フィリピン海プレート」「太平洋プレート」「北米プレート」「ユーラシアプレート」の4つのプレートで周囲を囲まれています。 これらのプレートは、それぞれ年に数センチずつ動いており、互いにぶつかり合い、一方がもう一方の下に徐々に沈み込んだりしています。このように、長年にわたって蓄積された巨大な力が地震を引き起こす原因と考えられています。

日本列島のプレート

日本列島にあるプレートのしくみ

地震の種類

日本で起きる地震には、主に「海溝型地震」と「直下型地震」の2種類があります。


海溝型地震

海溝型地震

「海のプレート」と「陸のプレート」が衝突すると、海のプレートは陸のプレートの下に沈み込みます。そのとき、陸のプレートの端の部分を一緒に引きずり込みます。その結果、陸のプレートのひずみが限界に達し、プレートの端が跳ね上がり、地震が発生します。これがプレート境界で発生する「海溝型地震」で、広域に被害がおよぶのが特徴です。津波が発生する場合があります。 関東地震、東海地震、東南海地震、南海地震などがこのタイプです。


内陸直下型地震

内陸直下型地震

陸のプレートが引きずり込まれていくときに、陸のプレートの内部にもひずみが蓄積し、部分的に破壊される場所が出てきます。その部分を「断層」と呼びます。やがて断層は負荷に耐えかねて一気に動き地震を引き起こします。このように、陸のプレートの内部で発生する地震が「直下型地震」です。直下型地震は都市の真下で起こることもあり、被害は小さくありません。 阪神・淡路大震災、福井地震、鳥取地震などがこのタイプです。 また、首都直下型地震はこれにあたります。

ページの先頭へ

トップページ | 安全・安心サポートホームページへ | お問い合わせ