お風呂・トイレ

前のページへ次のページへ
トイレは柱や壁が多く、柱の少ない広い部屋に比べて安全だといわれています。トイレを使用していた場合は、中に閉じ込められないように、ドアを開けて揺れがおさまるのを待ちます。
風呂もトイレと同じように、小さな面積の割には柱や壁が多いので、比較的安全だといわれています。地震があったら追い炊きは止めて、消火します。そして、ガスの元栓を締めて下さい。また、ガラスや鏡、かみそりなどに充分に注意して、衣類を着て下さい。
なお、浴槽の水は抜かずに、そのままにしておき、消火・トイレ用・洗濯用など非常用水として備えましょう。
お風呂トイレ

ページの先頭へ

トップページ | 安全・安心サポートホームページへ | お問い合わせ