バス・タクシー

前のページへ次のページへ
バスに乗車中に地震が発生すると、急ブレーキの衝撃を受けて、車外や前方に飛ばされる危険があり、たいへん危険です。特に子供をひざに乗せて座るのは危険です。日頃から事故に備えましょう。
座っていた場合は、身を丸めてカバンなどで頭を保護し、安全を確保して下さい。
立っていた場合は、手すりやつり革にしっかりとつかまって、飛ばされないように踏ん張って下さい。
揺れがおさまったら、運転手の指示に従って避難して下さい。ただし、対向車や落下物には充分に気をつけて、落ち着いて行動して下さい。
タクシーもバスと同様に、急ブレーキの衝撃で飛ばされないようにして下さい。頭を保護して横向きに倒れこんだり、シートにしっかりとしがみつくなどして、身の安全を確保します。
揺れがおさまったら、対向車や落下物に注意してドアを開け、避難して下さい。
バスタクシー

ページの先頭へ

トップページ | 安全・安心サポートホームページへ | お問い合わせ