エレベーター

前のページへ次のページへ
エレベーターに乗車中に揺れを感じたら、全ての階のボタンを押し、最寄の階で降ります。停止した階で火災が発生している恐れもあるので、安全を確認し、階段を使って避難します。
万が一閉じ込められた場合は、無理に脱出しようとせず、落ち着いて非常連絡ボタンを押し、非常用電話で係員に救助を求めて下さい。連絡をとった後は、焦らずに救助を待ちましょう。
ただし、保守エンジニアの数が足らず、閉じ込められた人の救助には時間がかかることも予想されます。エレベーターは構造上、落ちる心配はほとんどありませんので、落ち着いて救助を待つことが肝心です。
エレベーター

ページの先頭へ

トップページ | 安全・安心サポートホームページへ | お問い合わせ