揺れがおさまったら

避難

安全に避難するための10ヶ条

1. 避難する前に、もう一度火元の確認する。 2. 各自が緊急避難カードを身につける
火元の確認 緊急避難カード
3. ヘルメットや防災頭巾で頭の保護する。 4. 荷物は必要最小限にする。
頭の保護 荷物のまとめ
5. 外出中の家族には、連絡メモを残す。 6. 必ず徒歩で避難する。
連絡メモ 徒歩で非難
7. 子どもやお年寄りの手をしっかり握って避難する。 8. 近所の人たちと集団で、まず決められた避難場所へ
避難の補助 集団避難
9. 避難移動中は、狭い路地や塀ぎわ、川べりには近づかない。 10. 指示された避難場所へ避難する。
避難移動時の注意 避難所への避難

避難時の服装

  • 服は長袖、長ズボンを着用します。材質は燃えにくい木綿製のものを選びます。
避難時の服装
  • 頭を落下物などから保護するためにヘルメットや防災ずきんをかぶります。
  • 両手が使えるように非常持出品はリュックサックに入れて背負います。
  • ガラスの破片などによる手の怪我を防ぐため軍手(手袋)を着用します。
  • ガラス片などによる足のケガを防ぐため底の厚い丈夫な靴をはきます。
  • お年寄りや子どもには、迷子札をつけましょう。

避難場所・連絡方法の確認

避難所の場所や避難経路の確認は、安全に避難するために欠かせません。自治体の広報紙やパンフレットなどで、避難場所を確認し、地図を利用して避難経路を確認します。また、緊急時の連絡先や連絡方法も合わせて確認します。 遠い親戚や知人の家を連絡中継地に設定したり、NTTの災害時伝言ダイヤル「171」を利用する方法も有効です。 避難場所と経路の確認

ページの先頭へ

トップページ | 安全・安心サポートホームページへ | お問い合わせ